中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棟梁の仕事

RIMG0099_20071203195234.jpg RIMG0097.jpg

リノスタイルI邸、途中経過です!
大工さんの天井や壁の造作工事が進んできましたー。
工事は年内完了、今月の22日にはクリーニングをしてお引渡しをいたします。

さて・・
RIMG0170.jpg

我社の棟梁、目黒さん!
このブログにも何回か登場しています。

現場ではあまり休まずいつも寡黙にやっています。

目黒さんの仕事ぶりを見ると、この技術を生かしていきたい!と
我々はいつも思います。

今日現場で、
「ねー目黒さん、今度の忘年会の乾杯の挨拶頼むね。」
とゴリ押しでお願いしてきました。

ところで棟梁とは、読んで字のごとく家を支えるのこと。
現場のいちばんの要であり、他の職人さんが一目おく存在です。

目黒さん、明日もよろしく!!






スポンサーサイト

うちの材木屋さん

いよいよ師走の月に入りましたね!
今年もあとわずかとなりました。
私もこのブログをはじめてちょうど一年になりました。
ホント、早いもんです。

いつも読んでいただいている皆様、ありがとうございます。
本当に感謝いたします。

さあ、更新頻度をもっと上げていきますよ!?



今日は我々の仲間を一人ご紹介します。

RIMG0346.jpg

笑顔がいいでしょ!
うちの材木屋さん、アルベリの逢野さんです。

マンションは材料の搬入が大変
エレベーターに入らないものは階段でひとつひとつ運んでいきます。
そんなときも、文句ひとつ言わずいつもニコニコ材料を搬入してくれています。


実は彼、一級建築士の免許を持っている努力家。
奥さんも設計事務所にいたそうです。

小さい頃から木のぬくもりがする環境で育ち、現在は実家の材木屋さんから
独立してがんばっています。

最初の出会いは、逢野さんがスーツにネクタイで我社に営業に来たときです。
材木屋さんにしては、らしからぬ印象?でした。

もう、お付き合いはかれこれ15年ぐらいでしょうか・・・



マスターアートは今後もアルベリさんを応援していきます。




うちの建具屋さん

世田谷のとある邸宅。
以前から我社にたびたびお声をかけていただいているお客様のご注文。

裏側に特殊塗装を施したタペストリガラスを建具に貼り、四方を
ステンレスのフラットバーで巻き込んであるデザイン建具。

正直、手間もコストもかかる一品。

RIMG0379_edited.jpg


写真では、わかりませんがこのタペストリガラスに光が当たった時の色が
なんとも美しいのです。この現場ではもう何度もつくりました。

建具の吊り込みをしてくれたのは、並木さん!

RIMG0375.jpg RIMG0374.jpg


実はこの人、私の高校の同級生。
お父さんの後を継いで2代目です。
うちの建具工事を一手に引き受けてくれています。


ちなみに、高校のときのあだ名が「オヤジ」でしたが・・・(笑)


うちのペンキ屋さん

吉祥寺にあるマンションの外の塀の塗装工事です。

RIMG0160.jpg

古くなってくると、いろいろなところを修繕する必要が出て来ます。

我社はマンションの室内の工事が多いのですが、こうやって
外の工事を請け負うこともあるんですよ。
自転車置き場の後ろ側は塗りにくいですけど、がんばってます。



RIMG0161.jpg

うちのペンキ屋さん。
カツミ塗装の親方、市川さんです。

名字が市川なのに、なんでカツミ塗装かというと・・

 

下の名前が「克己」(カツミ)だからです。



「ブログに載せるからニッコリしてよー。」

「えっ、ひげ剃ってきてないですよ。」

「そんなの大丈夫、大丈夫!!」


現在、他の現場で、テラスハウス7棟の外装工事もやってもらっています。
親方はじめ職人さんたちはけっこう若いのですが、
みんな几帳面な性格なので腕はピカ一ですよ!


塗装工事は我社のカツミさんにお任せください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。