中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム産業新聞に掲載されました。

リフォーム産業新聞社から取材の依頼があり、インタビューを受けたのが
確か1ヶ月ぐらい前。
掲載号が届いていたのですが、見るのをてっきり忘れていました。

最近、業界ではリノベーションというカテゴリーが頻繁に取り上げられます。

20070627195530454_0001.jpg 20070627195707665_0001.jpg

リノスタイルを紹介した記事が掲載されました。
今度また、現場内覧会をやりますので告知しますね!


スポンサーサイト

吉祥寺スタイル

吉祥寺スタイル―楽しい街の50の秘密 吉祥寺スタイル―楽しい街の50の秘密
三浦 展、渡和由研究室 他 (2007/04)
文芸春秋

この商品の詳細を見る


マスターアートがある関町南のとなりのとなり。
青梅街道から続く吉祥寺通り(バス通り)を会社の前を通り越してちょっと行くと
吉祥寺の街並みが見えて来ます。もう少し行くと有名な井の頭公園。
私は、小さい頃からこの街をこよなく愛して来ました。

歩いて楽しい街、吉祥寺。
東京の中でも特に人気の高い街のひとつ。
若者や新婚夫婦が住みたい街の調査では常に1位、2位を争う。
高齢者が終の住処として住みたい街でもNo.1です。
老若男女に支持される吉祥寺の秘密。

なぜだろう?

この本はそんな吉祥寺にスポットをあて、様々な視点から解説した本です。
イケタニから借りました。

著者、三浦氏によると、

吉祥寺を「スケルタウン」というおもしろい観点で見ています。

よい街は骨格が良い。
基本がしっかりしていて細かいところは押し付けない。
建物で言えば、スケルトン(柱や壁)がきちんとあって、インフィル
(フローリングとか壁紙とか照明とか水廻りとか)は自由に入れ替えできる構造。
そういう構造だと、住む人のライフスタイルやテイストに合わせて、変えやすい。

~中略~

街も同じことだ。
スケルトンの中にインフィルを自由に加えていける方がよい。
時代の変化に対応して使い方を変えられる街。
ハードな都市ではなく、ソフトな街。
生活に合わせて、さまざまなインフィルを付け加えられる街。
スケルトンな街。スケルタウン。
それが吉祥寺だ。



東京ミッドタウンや六本木ヒルズもいいけれど、たまには武蔵野の緑に囲まれた
吉祥寺のオープンカフェでお茶をするのはどうでしょう?





ゆずれない思い

先日ご契約いただいたK様邸のリノスタイルプラン。
詰めの段階に入ってきて社内でバトルが勃発!

お客様に最終的に決定していただく仕様決めについて、
細かいデザインをどうしようか?素材は?色は?・・・。

事の始まりは、私が口をはさんじゃったからなんです(苦笑)。

「ここは絶対、□□の方がいいよ!」
「でも、○○様には△△の方が気に入っていただけると思うんです!」
「いやー、僕は○△□☆!?。」

「・・・・・・・。」


と、なんだか喧々諤々な雰囲気。
みんなそれぞれ思い入れがあるものだからゆずれないんですよね。

でも、裏を返せばそれだけ真剣だということ。
こうやって前向きな意見交換はどんどんしていきます。

私たちはお客様に対して「圧倒的な生涯価値」を目指してますから、
それは気合も入るってもんです。

お客様のニーズを引き出して・・・。

しかし・・

そもそも、「ニーズ」って一体、何でしょう?
お客様は将来の住まいについてイメージは描いていても、もしかしたら
明確なニーズがないことがほとんどかもしれません。
裏に隠れている背景を汲み取ってそれを形にしていくのが私たちの仕事。
ただ、ニーズに対応していただけでは、そこに「感動」が生まれない。
解決策だけではなく、プラスアルファを求めていきたい。

「そうとは気づかなかった必要や願望に気づく瞬間」

よくライフスタイルに合わせたプランなどと言いますが、特にリノスタイルの
場合は「ライフスタイル一新」といった方がしっくりいきます。

それはまさに、お客様にとっても私たちにとっても「感動」です。


さあ、みんなで、いいもの創っていこう!!





漏水調査Ⅱ

この前の漏水調査の続編です。

引き続き、水道設備に精通している村上が調査にあたりました。
(彼は以前、設備会社に10年在籍していたプロフェッショナルなんです。)

IMG_1238.jpg IMG_1239.jpg

キッチンのキャビネットをはずし、*パイプシャフトに大きく穴を開けます。
パイプシャフトの壁は*コンクリートブロックで出来ています。
うちの解体屋さんに穴を開けてもらいました。

IMG_1240.jpg

太い配管が出てきました。
これは、マンションの上から下に通っている共用の排水本管です。
キッチンのシンクに流した水がここを通るわけです。
ちなみにこのマンションは地上9階建です。

IMG_1241.jpg

上を見上げると・・
排水本管から上階の*専有部のキッチンの排水管に枝分かれしているのが
わかりますね。
ちなみに左となりの配管が*通気管といわれるものです。

漏水原因は排水本管とキッチンの接合部と断定。
今後は、管理組合と討議し復旧作業と合わせて工事範囲を決定します。

途中、上から流した水が降ってきたり、床に溜まったヘドロを掃除したり・・

本当に調査、お疲れ様でした!



*コンクリートブロック
コンクリートを一定の型に成形・硬化させて作ったものをいいます。
一般的に使われるものは中が空洞になっています。

*専有部(分)
区分所有者(そのマンションの各戸の所有者)が単独で所有する部分です。

*通気管
排水管内の通気、水の流れなどをよくするために設けられる配管内と外気とを
繋ぐ管。




事件!?

その事件は、あたりが夕闇につつまれる頃、起きました。


「お財布がないんです!」

帰宅したイケタニから、会社に連絡が入りました。


 「財布がないって、誰の?」

 「私のお財布なんですけど・・」

 「カバンの中に入れてあったのにないんです。」

 「すみません、会社にないでしょうか?」



社内にいた人間がいたるところを探しましたが、どこにも見当たりません。

ゴミ箱の中、机の下、会社のあちらこちらetc


 「今日お昼お弁当だったから、外で使ってないし・・」

 「もしかしたら、サロンにカバンをおきっぱなしにしていたから、2階で
  作業していたとき、誰かが外からこっそり入ってきて???」

 「そんな、バカなー?」

 集配の人?郵便屋さん?さっきカタログ届けてくれた○○さん?・・・

いろいろな妄想が頭をかすめました。

 「それに、社内で財布がなくなるってなんかヤダなー。」

   
 「だいたい今日の朝、お財布持って来たの?」




 「えっ!もしかしたら・・ちょっと待ってください!」

 「・・・・・・・・。」

 「どした?」



 「社長、ゴメンナサイ!」
     
 「他のカバンの中に・・・」

   




「ありました。」

     
 「・・・・・・。」
     

 「本当に、申し訳ありませんでした。」
  
 「なんと、みんなにお詫びをしていいか・・」


 「アッハッハハハ・・って」
  
 「あんまり、笑えないわっ!」




 「社長、ブログにだけは書かないでください。」
    
 「本当にお願いします!」







ダメです。罰として書きまーす!




しばらくして、FAXが一枚流れてきました。

「皆様、お騒がせして大変申し訳ございませんでした。。」

「海より深く反省しております。」

「土下座(涙)」



皆様も落し物、忘れ物には十分お気をつけください。







K様邸ご契約

本日、K様がサロンにご来店になり、リノスタイルのご契約をいただきました。
ありがとうございました。
精一杯ベストをつくし、「圧倒的な生涯価値」をお届けします。

K様も、以前開催したリノスタイルの内覧会にお越しになったことが
きっかけになっています。
「これまでのリフォームの概念が覆された」
とおっしゃっていました。

リノスタイルはリフォームという考え方よりは文字通り「リノベーション」です。
私たちの考え方の根底は「新築以上」を目指すものです。



ちょっと先になりますが、K様のご厚意で内覧会を開催させていただくことが
決定しました。
また、近くなりましたら、ブログ並びにホームページ上にご案内させて
いただきますね。

これは必見ですよー。皆さん、お楽しみにしていてください!


工事は7月から8月にかけて行う予定です。
その期間、K様はご夫婦でいざハワイに・・
6月中は、綿密なお打合せがつづきます。




漏水調査

今日は吉祥寺にあるマンションに村上と一緒に漏水調査に行ってきました。

マンション共用部に水漏れ発生!

まず外部からの目視調査。
水漏れしているところを確認し、状況を把握します。
その結果、排水管からの水漏れだろうと予測をたて、
管理事務所で図面のチェック。
基本的に管理事務所には図面一式が備えられています。
給排水設備の図面をチェックして、配管経路を確認します。
すると、村上が言いました。

「うーん、おそらく*パイプシャフトあたりからですね。」

そして、部屋の中に入り、持ち主の方に了解を得て、実際に床に穴を開けて調査します。

RIMG0321.jpg


すると、

「床下の*スラブが濡れてますね。」

それだけでは、原因がつかめないので、パイプシャフトの壁に穴を開けます。

ちょうど、キッチンの裏側がパイプシャフトになっています。
そこに手が入るくらいの穴を開け、デジタルカメラでパシャっ!

RIMG0325.jpg RIMG0332.jpg


マンションの共用配管部分です。
ここから、各専有部(各々のご自宅部分)に枝分かれしています。

「本管を伝って漏れている形跡があるね。」

「どうやら、上からだな。」


このように漏水調査は段階を経て調べていきます。

1.状況確認
2.目視調査
3.図面確認
4.実施調査

管理人さんにデジタルカメラの写真をお見せしながら、状況を説明し、その後の予定をご説明させていただきました。

今日の調査はここまで。

ここからは、調査の範囲を管理人さんや持ち主の方とご相談させていただいた上で、次回いよいよ漏水箇所の核心に迫っていきます。


*スラブ(床スラブ)
集合住宅の場合、上下階の住戸を隔てるコンクリートの構造床の部分

*パイプシャフト(パイプスペース)
PSと表示されている。マンションの水道管が通っている配管スペース。



感謝の手紙

先日、あるお客様からお礼のお手紙をいただきました。

ちょうど一年前、我社のリノスタイルをやらさせていただいた方です。

当時、そこのマンションで別のリノスタイル現場の内覧会を催していたのですが、
初日の開催準備の設営をしているときに

「ちょっと早いですけど中を見せていただいていいですか?」

と、ご夫婦でお見えになったのを今でもはっきり覚えています。

そこのマンションを購入し、これからの新しい生活に夢がふくらんでいた頃です。

でも・・

“リフォーム会社はどこに依頼しようか?”不安だったでしょう。

私たちはそんなお客様の思いに精一杯答えなければいけません。

今回、リノスタイルDVDをお客様オリジナルバージョンにして村上がお届けにあがりました。

それをご家族でご覧になって当時の気持ちを思い出していただいたようです。

私と村上に一通ずつのお手紙をしたためていただきました。

「よかったなあー!」
「ありがたいですね(涙)。。」

本当にうれしかったです。

RIMG0311.jpg


感動するお手紙、ありがとうございました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。