中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リノスタイル完成内覧会V、やります!

RIMG0353.jpg

お知らせです!


毎回ご好評のリノスタイル完成内覧会やります!!

120㎡超の最上階角部屋という大変恵まれた住空間をリノベーションした事例です。



さて、今回の見どころは・・・・・

1.安心安全な全室バリアフリー設計
2.閉鎖的だった台所をリビングを望むL型オープンキッチンに
3.空間をさらに広く美しく見せる照明計画

そして、ウィンドウトリートメントはお施主様ご自身で織られた布を
スクリーン状に吊った完全オリジナルです。

当日は、会場ギャラリーにおいて、
フォトグラフ(鈴木保広)、
タペストリー(桜井玲子)
を展示しております。

是非、皆様お誘い合わせの上ブラ~っとお越しくださいませ。


安達邸ブログ用パース


日 時 : 平成20年6月7日(土)、8日(日)
       11:00AM~4:00PM

場 所 : 東京都練馬区石神井台4-1 上石神井ハイム 
      
最寄駅 : 西武新宿線「上石神井」駅



くわしくは、こちら!

*駐車スペースはありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。



スポンサーサイト

リノスタイルK邸着工

RIMG0455.jpg RIMG0462.jpg

リノスタイルK邸着工です!
今日から3日間解体工事です。
近隣の皆様、騒音等で大変ご迷惑をおかけいたします。

なぜだかリノスタイルでは、イニシャルがKのお施主様が多いこと・・・

K様は中古マンションを購入後にリノベーションされるお客様です。
2年前に工事をした我社のリノスタイルOB客様よりご紹介いただきました。
本当に感謝です
そのOB客様とは今でもとっても仲良くさせていただいております。
昨日お話をしたら、私のブログもすべてチェックされていましたー。
近いうちにスタッフブログも開設するので今から楽しみにされていらっしゃいます。

さあ、K邸気合を入れていきます!
村上くん、よろしく!!





運動会

20080524093054.jpg

週末は今年2年生になった息子の運動会でしたー。
微妙な予報でしたが、なんとかお天気がもってよかったです。

徒競走はおかげ様で一番になれました。
どうやら、ライバルが風邪でお休みだったようです。
普段、息子が通っているサッカークラブでも私はダメ出しばかりなんですが、
この日は頭をなでながら「よくやった!」と親バカぶりを発揮しました。

それにしても、小学校の運動会はけっこう迫力があります。
6年生の騎馬戦なんか、かなり見ごたえがありました。
気がつくと、こっちまで手に汗がにじんでいました。

微笑ましかったり、感動したり・・・

この日は子供たちから元気をたくさんもらいました。






マンションを人間にたとえると・・

RIMG0410.jpg RIMG0413.jpg

マンションリフォーム技術研究会に行ってきました。
区分所有法や管理規約、そして構造上の制約のあるマンションリフォームでは、技術的な問題点が多く発生してきます。
トラブルを回避する上で特に設備関係の知識はスキルアップが欠かせないのです。

マンションを人間にたとえると、構造躯体は「骨や肉体」、循環器系は「給排水設備」、呼吸器系は「換気空調設備」、神経系は「電気設備」といえます。
マンションは人間のようにレントゲンやCT、MRIは撮れませんので幅広い知識と経験が必要です。
現場の生の声やメーカーの技術者との情報交換を通して、これからのマンションリフォームの将来像が垣間見えてくるような気がしました。

話はちょっと変わりますが・・

新築マンションの価格が一年前と比べ、15%ほど値上がりしているそうです。
仮に去年5000万円で販売していたものが今年は5750万円ということです。

土地価格や人件費をはじめとした建築コストの上昇が原因とされていますが、
その中でも、鋼材やセメントなどの建築資材の高騰が顕著です。

ますます新築着工件数は伸び悩み、中古ストックの流通が加速化するのでは・・?

その為にも、日々勉強です。



ValueUPは必然

昨日は住生活ネットワークの定期例会に参加してきました。

そこで、不動産・建設の未来マーケット予測、
そして、これまでもブログでご紹介してきました
「住生活基本法」について勉強してきました。

不動産と建設業、お互いにおとなりの分野であるはずなのに、
事業者の頭の中はそれぞれ全く異なった発想を持っています。
(と思います)
私自身、以前に不動産の営業をしていたからなんとなく
そんな距離感を感じてしまうのです。
たぶん、つくり手と売り手という構造的な関係なのでしょうね。

ただ、不動産業界と建設業界、共にここで
大きな転換期を迎えていることは確かです。
姉歯問題に端を発した建築士法や建築基準法の改正、
瑕疵保証の問題、強いては量から質へとストック重視の
社会へとこれから間違いなく変革していくといえます。

業界事態がますます淘汰されていくことは明白です。
中古住宅ストック流通の活性化は今後大きな流れとなっていきますが、
不動産流通商品を右から左へという発想ではなく、しっかりとお客様と
向き合っていく事業でなければ生き残れないと私は思います。

我々が取り組んでいるリノベーション事業もまさに不動産流通商品。
中古マンション再生化によるValueUPは必然といえるでしょう。

がんばっていきます!






いざ、5月!

今日は来週より始まる工事の近隣ご挨拶に行ってきました。
マンションでの工事は、騒音や人の出入りなど近隣の皆様にご迷惑をかけてしまいます。
よく引越しのご挨拶に、「向こう三軒両隣り」なんて言いますが、我々はもっと数多くご挨拶してきます。
特にリノベーションクラスの工事になると、約1ヶ月以上、解体材の搬出や相当量の材料の搬入に共用エレベーターを使用させてもらいますので、上から下まで回っていきます。

5、6月は同じマンション内で3現場、同時進行になる予定です。
ありがたしー!


RIMG0397.jpg

そして、リノスタイルA邸。

床暖房パネルの敷設が終わり、大工さんが床仕上げの下地合板を貼る工程に移ってきました。
お部屋の所々にご友人が描いた絵画を飾りたいとおっしゃっていたA様。

RIMG0396.jpg

このパイプスペースを囲う壁も絵をかけるギャラリーに変身します。

6月初旬に毎回好評の内覧会を予定しています。
くわしい日時は、ホームページとこのブログでお知らせいたしますので皆様どうぞお楽しみに!!


さて、ここでお知らせです。

明日の3日から6日までGW休暇を頂戴し、会社は全休となります。
現場も一旦工事を中断します。
関係各位の皆様方にはご迷惑をおかけします。

現在商談中のお客様、連休明けにプランをお持ちできる準備を進めております。

よろしくお願い申し上げます。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。