中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来る2010年へ!

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。

最近の住宅関連のトピックスを2つ。

1.住宅取得の贈与税、非課税枠1500万円へ
(09.12.19朝日新聞から)

政府税制調査会は、2010年から2年間に限っての措置で、親や祖父母から贈与された住宅取得資金について、贈与税の非課税枠を拡大することを決定しました。

現在、500万円の非課税枠が10年には1500万円、11年には1000万円になるそうです。

2.住宅版エコポイント

また、国土交通省は、省エネ対応型住宅の新築や改築を行った場合に、商品やサービスと交換できる「住宅版エコポイント」制度の概要を発表しました。

対象となるのは今月8日以降に着工した新築住宅と、来年1月1日以降に工事を始めるリフォーム住宅。

リフォームの場合は二重サッシなど窓や外壁を断熱性能が高いものに代えることが条件です。
条件を満たせば、エコ改築以外のバリアフリー対応の改築にもポイントを給付するとしています。

これから住宅を取得しようという方、並びにリフォームの計画をしている方にとっては、まさにチャンスです。

これまでも、景気浮揚対策の一環として、過去最大規模の住宅ローン減税を実施したり、住宅取得やリフォームで相次ぐ優遇策を実施してきました。


来年は、リノベーション業界にとっても、時代の大きな流れの中にあるといえます。
だからこそ、我々自身も、変化し続けなければならないことは明白なのです。

良質な住宅の供給と業界の活性化に向けて、来年も使命をもって臨んでいきたいと思います。



さて、いよいよ、今年最後の更新になりそうです。

今年もたくさんの方に励まされいいお仕事ができた年だったなあと思います。
悲しいことも多くのうれしいこともありました。

なにより、一人ひとりのお客様と向き合って一件一件の現場を丁寧に仕上げてきたことは大きな成果です。
スタッフのみんなも一生懸命やったし、職方たちにも助けられました。
お客様並びに関係各位の皆様に誠に感謝いたします。

今年も一年、本当にありがとうございました。
また、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは、皆様、よいお年をお迎えください。

<年末年始休暇のお知らせ>
平成21年12月27日~平成22年1月5日まで





   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog
スポンサーサイト

09’忘年会!

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます

PC110332.jpg

PC110335.jpg

週末は、忘年会でしたー。
日頃、現場で骨を折って苦労してくれている
職方さん達には本当に感謝します。

進行中の現場はまさに佳境を迎えています。
先週末に一件と今週末に二件引渡しになります。

世間では、不況の風はまだまだやみそうにありませんが、
こんな時期だからこそ、しっかりした仕事をめざそう!
とみんなで誓いました。

今年も最後まで気を抜かず、ベストを尽くしていこうね!


   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog



リノベーション 商品開発

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。

 PC080313.jpg

TOTOから、マンションリフォーム市場においての
商品開発のヒアリングがありました。

お越しになったのは、営業の砂田さん、マーケティング本部の鎌田さん、渡辺さん。

住宅設備メーカーも中古マンション市場をターゲットにした商品開発を
これからどんどん進めていく傾向ですね。

これは、私たちリノベーション事業者にとっても朗報ですし、
これからますます拡大するマーケットには必然の動きといえます。

従来は、どちらかというと、リフォーム用商品は、一戸建ての木造住宅に
焦点をあててモノをつくっていると感じていました。

その中でもTOTOは、ネオレストハイブリッドなど、
マンションリフォーム用の商品開発をいち早く進めています。

 23000707-021-01_P001863.jpg

私たちがまずお話したことは、
現在のマーケットの現状と普段接しているお客様の生の声について・・

年代、家族構成、デザインの好み、コスト・・・。

それから、現場での施工性について・・

マンションでのリノベーションは構造的に様々な制約の中で、
設計を起こしていきます。
特に水廻りの住宅設備については、
技術的な見地で検証していく必要があります。

メーカーさんとの意見交換で見えてきたことは、
従来の最大公約数的な考え方では、お客様に共感されないということ。

特に自分このみにリノベーションしようというお客様(特に若い年代のお客様)は、
既製品を嫌います。新築マンションにはない、オリジナリティを求めています。
ファッションでも、古着やユニクロをうまく組み合わせて自分のオリジナリティを
出していますよね。
「高価なものがいいモノだ」という文化ではなくなってきているのです。

住宅もファッションと同じような傾向になってきているのかなあと最近特に感じています。

~住まいも自分このみにカスタマイズしていく~

そんな世の中になりつつあるのだと思います。

ますます、これからが楽しみです!



   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog



suumoマガジンに掲載されました

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。

20091208202154401_0001.jpg

リクルートから発行されている住まいの総合情報誌「suumoマガジン」。
駅やコンビニで無料で配布されています。

12月2日発売号に弊社の紹介記事が載っています。
その中のリノベーション特集のページで、
「物件探し」から依頼できる会社ガイドに掲載されました。

suumoが「住宅情報」という名前で、フリーペーパーではなかった頃、
不動産売買情報は新築がメインでした。
現在は、中古が見直されて、どんどんこういった媒体で、
リノベーション特集が組まれています。

住まいは、賢く獲得するべし!

suumo見て、中古物件探して、リノベーションはうちでやりましょう!(笑)。

物件探しから、資金提案から、お引き受けさせていただきます。



   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。