中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから、がんばれるんです!

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。


今も、うちのスタッフたちは、パソコンの前に釘付けになっています。

多くのお客様よりプランニングのご依頼をいただき、誠に感謝です!



朝早くから昼間は現場

夜は遅くまで業務

社内では、みんなの声が飛び交っています。

この世の中に、楽な仕事はひとつもありませんが、

それでも、みんながんばってくれています。


毎日うれしいこともたくさんあります。


「社長、Sさんのお宅の3時のお茶菓子が日に日にご飯に近づいてくるんです。」

「今日は、とうとうパスタを出していただいたんです!」

「お腹へってたから、おいしかったなー^^」


「今日、K様とお話することができて、ご計画のお話を伺いました!」

「とてもお元気そうでしたよー」


「N様のお宅の赤ちゃん、もうチョコチョコ歩いてましたよー」

「去年、リノベやってた頃は、ず~っと、ママが抱っこしてたんだけどなあ」



こういうスタッフからの報告はわたしもめっぽううれしい!


これらはすべて、お客様からいただいた元気です。


だから、がんばれるんですね。


感謝です!


花見やろー^^




   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog







スポンサーサイト

中古マンション 住宅履歴

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。

いえかるてlogo

住宅履歴情報「いえかるて」の普及シンポジウムに行ってきました。

今、日本では、2006年に制定された「住生活基本法」により、国を挙げて、
住宅の長寿化と中古市場の活性化を促進することになりました。

日本の中古不動産について、
買い手にとって不安要素が多い要因となっていたのが、
資産価値を保証するような統一基準がなかったことです。

これからの住宅は、これまでのように一世代にとどまらず、
何代にもわたり引き継がれ、循環型の住宅社会になっていきます。

特にマンションでは*簡単には建替えられないため
長く快適に使い続けるために適切な維持管理が必要です。

その維持管理に欠かせないのが・・・「住宅履歴情報」なのですね。

リノベーションをした後、
将来売却する場合にも住宅履歴は必要不可欠になってきます。

工事を施した履歴がしっかり整備されていることにより、
買主が安心して購入できることから、
資産価値として適切に評価されることが期待できます。

当社では、「リノベーション住宅推進協議会」の統一基準に基づいた検査を経て、
優良リノベーション住宅としての「適合報告書」を発行し、
その住宅履歴をオンラインで閲覧できるしくみを取り入れています。

住宅履歴について、くわしくはお問い合わせください。


*マンションの建替え決議には、区分所有者の80%以上の合意が必要です。


   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog




中古住宅トレンド

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。


今、首都圏の中古住宅の成約件数が前年対比でプラス成長を続けています。
緩やかな伸びではありますが、今年はさらに顕著になることは間違いなさそうです。
不況による一時的な変化ではなく、ここ数年じわりじわり増加といった感じです。

中古住宅市場の活性化は国を挙げて取り組んでいるので、もっと流通量が増せば、
近い将来(5年後?10年後?)新築一辺倒だった日本の住宅事情は、間違いなく
中古マーケットと逆転する日が来るに違いありません。

また、経済状況や地価動向によって、大きく左右される新築市場に比べて、
中古マーケットは安定しているので、不況による下落幅が少ないことも挙げられます。

では、そんなハード面に加えて、実際に購入する人たちの気持ちはどうでしょう?

■ 新しい=優れている!という価値観が変化している。
■ みんなと同じものは嫌だ。
■ 安く賢く住まいをカスタマイズしたい。
■ お気に入りの街「立地」で暮らしたい。

最近は、住みたい街を決めてから物件探しをしている人が増え、通勤や子育てなど、
ライフスタイルに合わせて暮らす街選びに、こだわる人が多くなってきました。

中古(特にマンション)は、ライフスタイルに合った「立地」を選ぶことが可能です。
「立地」面で、選択肢が少ない新築マンションに比べて、中古マンション探しは
お気に入りの街での暮らしをかなえる住まい選びなのかもしれません。

そういえば、ここ数年住みたい街ランキングトップの「吉祥寺」界隈は、当社からも
ほど近いエリアですが、新築となるとやはりお値段が張ります。

その点中古なら、うまく探せばお気に入りのエリアに予算内でマイホームが見つかる
かもしれません。

あとはリノベーションしてカスタマイズすれば!・・・(笑)

-どんな街でどんな暮らしがしたいか-

自分らしく生きるために、重要なファクターだと思います。


26_nakamiti_tori01.jpg



   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。