中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リノベーション 造作家具

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。


リノベーションで最近多く採用される、造作家具。

プラン時に生活スタイルに合わせて、
家具を造りつけちゃおう!というお客様も多いのです。

この前、着工したばかりのG邸。
こちらも、そんな家具たちを設置する計画です。
下記は、会社のサロンでうちの長崎と担当者の阿多野さんとの打合せ風景。

・・・出来上がりが楽しみです!

P4140456_convert_20100426180901.jpg


造作家具をつけるメリットとしては・・・、

・家具がお部屋と一体となり、スペースを過不足なく使える。
・本やCDなどお手持ちのものに合わせてプランができる。
・飾りたい趣味の小物などディスプレイもできる。
 etc・・・

_MG_0012_convert_20100426194015.jpg
_MG_2623_convert_20100426194255.jpg
_MG_2565_convert_20100426194139.jpg
_MG_0004_convert_20100426193912.jpg


テレビやPCデスクを組み込んだり、食器収納など用途は様々。
お手持ちのテーブルやソファと合わせて、色味をコーディネートして、
オリジナルな壁面収納家具を楽しみましょう!



   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog



スポンサーサイト

社交辞令!?

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。

最近、スタッフブログによく訪問してくださる、
“営業マンラッキーさん”が会社に来てくださいました~。

お互い、中古マンション再生に携わっているモン同士、
いつの間にか、ブログ上で交流ができて・・・

先日、池谷が、

「吉祥寺にお越しの際はそのままプラプラ北上して弊社サロンにお立ち寄りください。」
「おいしいコーヒーを淹れてお待ちしております!」

なーんて、コメントしたら、ホントに目の前に立っていましたー(笑)

私以外、誰もいなくて、おいしいコーヒーを入れる余裕もなく・・・


社交辞令は嫌いなモノですから。」 

・・・その行動力、さすがですねぇ!

お土産までいただいて、ホント恐縮です。


その後、社内は突然の訪問者の話題で大騒ぎでしたー。

でも、ラッキーさんの顔を拝んだのは私だけ・・・

ラッキーさんは、中古マンションリノベーションを手がける不動産屋さんです。

お互い、これからも業界活性化に向けてがんばりましょうねー!

ラッキーさんのブログはこちら!!

ありがとうございました~。



P.S. 私も社交辞令は嫌いです^^



   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog


マンションリノベーション できる!できない?

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。


マンションには、専有部分と共用部分があり、これが戸建てとの大きな違いです。
このことは、ご存知の方も多いかもしれません。

共用部分は他の所有者との共用であるため勝手に工事できませんが、
基本的に専有部分は自由に工事ができることになっています。

ところが、マンションリフォームの工事で以外と多いのが、
この専有部分と共用部分の区分けによるトラブルです。

一般に、共用部分として手をつけることができないのが、

■ 玄関扉
 ・・・内部は専有部分なので好きな色に塗り替えられます。
■ バルコニー
 ・・・非常時の避難用通路になるために、となりとの界壁ヶ所には
   エアコンの室外機などは置けません。
 ・・・ウッドデッキやタイルなどは簡易的なものならOKな場合もあります。
■ パイプスペース
 ・・・棟全体で貫通している共用配管については移動できません。
■ サッシ
 ・・・マンションの管理規約にもよりますが、外観に影響を与える改修は
   原則的にはできません。
■ 戸内の構造壁、床、梁
 ・・・構造上影響のあるコンクリート部分については、穴を開けたり、
   壊したりできません。


間取り変更や室内の機能改善など大掛かりになるリノベーション。

工事できる部分できない部分を把握するには、マンションの管理規約を確認したり、
竣工図面を入手しながらチェックすることが必要になってきます。

どういった工事方法をとるのか―
計画段階で、管理組合に改装後図面などを提出して承諾を得る必要があります。


IMG_0680_convert_20100413203605.jpg

上記は、浴室に追い炊き機能をつけるために、給湯器をベランダに出して、
配管をサッシの桟から貫通させた事例。(もちろん、管理組合の許可はとりましたよ)



後々トラブルにならないために、工事計画段階で様々な注意が必要です!!




   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。