中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子愛

4月より始まるリノスタイルA邸の着工準備を進めています。

A様はご高齢のご両親を介護されていらっしゃいます。
打合せに同席したとき、A様がお母様を思いやる様子がとても印象的でした。

必然と我々の肩にも力が入ります。

「家を改装するのに、まずはいらないものを処分しなくちゃね!」

今回の計画の骨子は、介護をする上での使いやすさとご自身のライフワークとなっている織物ができるスペースを取り入れることの2つです。

もちろん、すべてバリアフリー設計。
家の中を車椅子でも移動できるように床の仕上げ材を工夫したり、扉もできるかぎり引き戸を多用します。

今日は、そんな設計上の問題をクリアにするため、ムラカミ、イケタニ両名が念入りに調査に出向きました。
その後、私はA様を弊社保有の仮住まい先にご案内しました。
その車中で、いろいろなお話を聞くことができました。

「改装のきっかけは去年父が倒れて自宅から介護付き老人ホームへ移ったこと、そして今年の初めに私が倒れたことなんです。」

「前々から家を改装したいと思っていて、今までタイミングを逃してきてしまったから・・・」

「介護も最初は大変だと思ったんだけど、でも神様は私にいい機会を与えてくださったと思っているわ」

「人間って赤ちゃんのときはお母さんがおむつを替えたり、ご飯を食べさせてくれたりいろいろ面倒見てくれるでしょ」

「でも、その後の人生の中で親子が触れ合ったり、スキンシップが少ないものよ」

「特に、日本人はね」

「だから、両親の面倒を見てて思うの」

「今までありがとうって」





A様、楽しみに待っていてください。
必ず喜んでいただけるよう、スタッフ一丸となってがんばります。



さあ、これから家財の整理やプランの詰めの作業に入っていきますよ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://renostyle.blog60.fc2.com/tb.php/157-9a585c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。