中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術と信頼

お客様が、工事を依頼するときに判断する基準として、第一に
「技術力」や「安心感」を挙げる傾向が顕著になってきました。

これは、まだ記憶に新しい「悪徳リフォーム詐欺」や「耐震偽装問題」
などの世間を騒がせたニュースの数々が要因のひとつになっている
と考えられます。

実際、その影響力は、ものすごい勢いで業界変革をもたらしていて、
建築基準法の改正や、住生活基本法の施行などはその最たる例です。

消費者保護の観点からすると当たり前のことですが、どちらかというと
これまでは、生産者に対して甘い環境だったといえます。

リフォームで言えば、最近は工事内容が高単価の複合工事が増加傾向
にありますので、大切な資産を任せる業者選定に、お客様は特にナーバス
になっています。
少なくとも、価格訴求だけで判断される時代ではなくなってきました。

「どこに頼んだらいいのだろう?」

相見積もりをして、
1)プランや価格面の比較検討をし、
2)依頼する工事が得意かどうか(事例が豊富か?)
3)担当者との相性はどうか?
4)依頼先に建設業の許可があるか否か?とか、
(500万以下の工事は建設業許可がなくても受注できます。)
5)工事中の事故もしくは工事後の瑕疵保証があるかどうか?
・・・・etc。

いろんな角度から、私たちはユーザーであるお客様にチェックされます。

要は、どんなに口で「うちは技術力に優れていて安心です!」と言ったところで、
そんなこと、お客様にしてみれば、工事が終わらないとわからないですし、
住み始めてみて、欠陥工事が見つかることはいくらでもあるのですから・・・

業務体制ならびに工事の品質をはかるひとつのものさしとして、
ホームクリップによる「業務品質基準認定」という制度があります。

この認定を受けるためには、、以下の<諮問委員会>による監視のもと、
複数の審査員による厳正な審査に合格しなければなりません。
●財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター
●中間法人 日本増改築産業協会
●マンションリフォーム推進協議会


業務品質認定店マーク


この度晴れて、業務品質基準認定店として審査に合格しました。

「技術と信頼」

先代が掲げたテーマです。

私たちが仕事をする上で、大切な指針となっている言葉です。




   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://renostyle.blog60.fc2.com/tb.php/180-90cf26c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。