中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションの永住意識

皆様、こんにちは!
東京のマンションリノベーション専門店マスターアートです。
いつもありがとうございます。

PB110229.jpg

これは、とあるヴィンテージマンションのパンフレットの写真です。
カラーテレビが普及しはじめたころ、昭和の時代の幸せな日常の一枚です。
1971年竣工だから、今から38年前のもの。
レトロでとても懐かしい感じです。

そういえば、私たちが子供のころは、マンションというと、一部のお金持ちが住む代物でした。
東京でもまだ数が少なく、とても庶民の手の届くものではなかったように記憶しています。

人口に比べて住宅はまだまだ不足していた時代でしたので、
マンションはまさに高度経済成長期の産物だったのです。

私たちは、そんなヴィンテージマンションでお仕事をさせていただく機会が数多くあります。

そこにずっとお住まいの居住者の方は、

■ 新しくてセキュリティーのしっかりしたバリアフリーのマンションに引っ越すか?
■ のどかな郊外の一戸建てに住み替えるか?
■ それとも、リノベーションして住み続けるのか?

という選択肢に悩まされます。

私たちにもそういったご相談を数多くいただきますが、最近のデータによると、
「都心回帰」の傾向や「永住意識」が強くなってきているようです。

構造躯体がまだまだしっかりしているので、木造一戸建ての建て替えのように、
マンションでも一度家財を全て預け、仮住まいをして、いわゆる"室内の建て替え”をします。

工事が終わって戻って来たときには、新築マンションなんてもんじゃありません。
お客様独自の空間が広がってますし、バリアフリーにだって挑戦できます。

リノベーションって、若い人たちが特に好む傾向によく言われますが、
団塊世代やそれ以上の年齢のクライアントも多くいらっしゃいます。

「これからの生活」と「これまでの生活」 その両方を大切にしていきたいですね。





   
リノベーション・マンションリフォームのマスターアート   リノスタイル スタッフblog






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://renostyle.blog60.fc2.com/tb.php/232-8820a0ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。