中古マンションリノベーション 「リノスタイル社長日記」

マスターアートの社長が綴る東京の中古マンションリノベーション快適住まい探求ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社内研修

先週末にある方を講師に招き社内研修会を開きました。
その方とは一ヶ月半ほど前にお知り合いになり、いろいろお話を
聞かせていただく中で、今回、社内研修の講師をお願いしました。
なぜか、私自身、この出会いは偶然ではなく必然と感じました。

テーマは「元気が出るいきいき職場」

研修内容は想像通りのものでした。

「聞く」と「聴く」の違い
聞く:音声が自然に耳に入る
聴く:「聞く」とは対照的に意味の解釈につとめる、積極的にきく
   「聴く」には“こころ”が入っており、心の入っている聴き方に
   は“心”の入った応(こた)えが自然についてくるもの

私たちは、<本当のお客様の声>を「聴く」ことに努めなければなりません。
「聴く」ことは、お客様とのコミュニケーション能力なのです。

私自身、最近、リーダーシップを磨くために研修や勉強会に
出向くことが多くなってきました。
いろいろな学びや気づきを得る中で特に感じたことは、
「コミュニケーションの大切さ」でした。

これは、お客様に対してだけでなく社内でも非常に重要なことです。

この研修を通じて、日々の業務に追われる中で、一度自分たちを振り返って、
お互いの仲間に敬意を表し、明日の糧にしたいと思ったのです。

組織人として必要な5つの要素
1.知識、技術
2.責任感
3.規律
4.積極性
5.協調性

ここで前提となるのが、お互いへの「感謝」・「思いやり」です。

普段は恥ずかしくて、仲間内でなかなか「ありがとう」と言えないものです。

ただ、声に出して伝えない限り、相手には理解してもらえません。
これは、夫婦間、家族間でもいえる事ですね。

一人でできることは限られています。
1+1は2ではなく3にも4にもなります。

サポート&パートナーシップ「援助」

みんな本当に素直に純粋に講師の話を聴いていました。
そして、各々が「感動した話」を発表しました。
まさに「感動」でした。


お互いを理解すること・・

この研修で学んだことを手がかりに我社のチームワークを
より強固なものにしていきたいと思います。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://renostyle.blog60.fc2.com/tb.php/55-6b7300b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。